日野商店
会社案内 商品紹介 鯨について リンク お問合せ
鯨について
トップページ > 鯨について > 鯨とは
利用法

種類 利用法 レシピ 捕鯨に関する情報 長崎の鯨食文化

食用だけでない、さまざまな利用
クジラは、食べるだけでなく部位ごとに様々に利用することが出来ます。骨や皮の油は、せっけんや機械油など、くじらひげは、釣竿の先や靴べらに、骨は肥料やエサなど、多くの製品に姿を変えていました。

クジラの部位から作られていた加工品の一例

ヒゲクジラ類 ひげ 釣竿の先、靴べら、文楽人形のバネ
軟骨(かぶら) 松浦づけ
骨・皮 石鹸、グリセリン、硬化油
ハクジラ類 脳油 機械油
靴べら、パイプ、印材、細工物
軟骨 ゼラチン、フィルム、印画紙、薬のカプセル
干筋(すじ) ラケットのネット
骨・皮 クリーム、口紅、クレヨン、鉛筆の芯、無水石鹸
ヒゲクジラ類、
ハクジラ類共通の加工品
肥料、エサ
肝臓 肝油
脳下垂体・甲状腺・すい臓 ホルモン剤


ページトップへ△
<<鯨についてINDEXに戻る

参考・引用: もっと知りたい!クジラブック
  朝日小学生新聞
イラスト参考: 鯨ポータル・サイト

トップページ会社案内商品紹介鯨についてリンクお問合せ